マイナスイオンの効果の代替の手段として、”動物との触れ合い”が有効です。

動物のマイナスイオン効果

現在、日本国内では空前の健康ブームが到来しており、それに伴って各メーカーからはさまざまな健康グッズやヘルス商品が数多く発売されています。

 

そんな中、人体への健康効果が期待できる物質として話題となっている「マイナスイオン」を発生させるグッズやアイテムが人気を高めてきています。

 

マイナスイオンは滝や渓流など、空気中の水分量が多い場所に発生する「微細な水を含んだ電子の粒」であり、人の体内に取り込まれると身体を流れる電気信号の伝達をスムーズにして「リフレッシュ効果」や「リラックス効果」などのメンタル面への効果に加えて、「疲労回復」や「免疫力の向上」など身体面への効果をもたらしてくれます。

 

最近ではこのマイナスイオンを発生させる装置やドライヤー、空気清浄機などの電化製品も数多く販売されています。

 

しかし最近、マイナスイオンによる効果と同等の効果が得られるとして「ある方法」によるセラピーが話題となっています。

 

そのセラピーとは「動物」を使ったセラピー手法のことで、一般的には「アニマルセラピー」とも呼ばれています。

 

アニマルセラピーは動物との触れ合いを通じて「生活の質」を向上させることを目的に行われますが、最新の研究ではこのアニマルセラピーを受ける事によってマイナスイオンを体内に摂取した時と同様の効果を得られる事が分かっています。

 

一般的に動物そのものからマイナスイオンが発生するという事はありませんが、動物と触れ合う事によってその人に内在するストレスが軽減したり、何らかの原因で失ってしまった自信の回復など、アニマルセラピーには「メンタル面の健康」を回復させる効果が認められています。

 

特に最近ではアニマルセラピーによって子供の不登校や引きこもりといった難しい問題を解決する為の手段としてアニマルセラピーが用いられるようになってきています。

 

つまり、マイナスイオンの効果を得たくても得られない環境に居る場合、
代替の手段として「動物との触れ合い」が有効になるという事です。