マイナスイオン発生器を選ぶ際は、どれだけ周囲にマイナスイオンが広がるのかを見極めます。

マイナスイオン発生器とは?

今、日本中で「マイナスイオン」という言葉がブームとなっていますが、そもそもイオンというのは空気中を漂うプラスとマイナスの両極からなる「電子の粒」のことです。

 

そして人間の身体はこれら2つのイオンがバランス良く体内で働く事によって調子を維持したり、健康を保っていると言われています。

 

中でも特にマイナスイオンは人間の免疫力を高めたり、精神疲労や肉体疲労を回復させたりする作用があるため、現在ではマイナスイオンドライヤーなど実にさまざまなマイナスイオンを発生させる家電製品が各メーカーから発売されています。

 

中でも「マイナスイオン発生器」の需要は非常に高く、部屋の空気を清潔に保ったり目に見えない花粉や埃の除去を目的として家庭に導入する人が増加傾向にあります。

 

ただ、一般に販売されているマイナスイオン発生器の仕組みは意外にも簡単なので、最近ではマイナスイオン発生器を自作する人も増えてきています。

 

ちなみにマイナスイオン発生器には各メーカーから数多くの製品が販売されているため、選ぶ際は自分の目的に合ったマイナスイオン発生器を見極めることが重要となります。

 

 

マイナスイオン発生器の正しい選び方

まず最初に「発生したマイナスイオンがどの程度まっすぐ飛ぶのか」という点を見る必要があります
マイナスイオン発生器から出てくるマイナスイオンは人体にまで届いて初めてその効果を発揮するわけですから、まずは発生器から出たマイナスイオンがどれだけ真っ直ぐ飛ぶのかを見極める事が大切です。

 

次に重要となってくるのは、マイナスイオン発生器から出たマイナスイオンが「どれくらい周囲に広がるのか」という点です。
マイナスイオンがせっかく発生しても、真っ直ぐにしか飛ばない場合は人体に届くマイナスイオンの量も限定的となってしまいます。
そのため、マイナスイオン発生器を選ぶ際はどれだけ周囲にマイナスイオンを広げる事が出来るのかを見極めるのも重要なポイントとなります。