脳梗塞や心筋梗塞などの血液の循環の悪化が原因で亡くなる方が多いことからも、血液の循環を良くしておくことが必要です。

マイナスイオンの効果(血液の浄化)

血液は、全身に循環している人間の健康にとって不可欠な要素です。

 

 

現代の人々の暮らしは、

  • 排気ガス
  • 酸性雨
  • 添加物の含まれた食品
  • 農薬の使われた野菜
  • 電化製品の電磁波

など、
身体を酸化させ、健康に悪影響を与えるものに囲まれて暮らしています。

 

 

健康に与える悪影響の中には、血管に与えるダメージもあります。

血管が収縮し、血液の循環が妨げられると、肩こりや頭痛などがおこるだけではなく、肌荒れ、むくみ、冷え性、アレルギーなどを引き起こします。

 

 

また、生活習慣病である高血圧や高脂血症、さらには、脳梗塞、心筋梗塞を引き起こす危険性があります。

 

 

血液の循環を良くするためには、生活習慣や食生活の見直しが必要ですが、大気中のマイナスイオンを増やすということも、血液の循環の改善に効果があります。

 

マイナスイオンの研究結果を活用した製品などを活用してみましょう。

 

 

マイナスイオンには、縮まった血管を拡張する作用や、血圧を抑える作用があるからです。

 

 

また、血液自体をアルカリ性にする作用もあるので、血液が浄化され、血液の循環が良くなるのです。

 

 

血液浄化

実際に血液の浄化といえば、病院で受ける血液透析、血漿交換などの体外循環治療のことですが、ここでの浄化はマイナスイオンの働きで血液をきれいにする効果という意味ですが、

 

血液が浄化されることによって、血液がきれいになり、循環が良くなると、身体に必要な栄養や酸素が全身の細胞に供給され、細胞から出た体の中の不要物を回収するので、健康な身体になる手助けになるのです。

 

 

日本国内では、血液の循環が悪くなったことが原因で亡くなる方が非常に多いことからも、血液の循環を良くしておくことは、健康にとって大事なポイントです。

 

また、アンチエイジングという観点から考えてみても、美しい肌を保つためには、新陳代謝を促すことが必要なので、血液の循環が良くしておくことが、美肌を保つ条件の一つです。